【アブナイ金髪女第13話~あたし、○○がないの~】

H子さん(仮名)の証言によると
事件は1990年代に実際に起こったのであり
目撃者も多数いた、ということです。
金髪虚言癖女とH子さんを乗せた乗用車は、
ガードレールをぶち破り
崖から転落。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

アブナイ金髪女第13話

あたし、○○がないの

0413-2-1

0413-2-2

0413-2-3

0413-2-4

運よく、転落先に柱があり
ボンネットを切り裂いてフロントガラスまでめり込み、
車は停車。宙ぶらりんの状態に。

満身創痍、体じゅうから血を流し
ぴくりともしないH子。

運転席に守られ、ほぼ無傷の金髪女。

「H子!」
H子がかすかに身じろぎをすると

金髪女はこう言いました。

「どうしよう…あぁし免許もってない…。」

これまでのお話を整理しましょう。

・金髪女は車愛好家
・実家に愛車のソアラがある
・実家にあるソアラを、H子の家まで持ってきてもらうから
H子の車を売却
・ソアラを持ってくる友達は、いま体調が悪い
・車の売却費用は、飲み代として全額着服
・あぁしは運転がうまい
・今回、レンタカーでドライブにきた。
あぁし免許持ってない

→×免許証不携帯
→○無免許運転

あなたは、恋人の免許証を
確認したことがありますか?

一挙全話読み→虚言癖金髪女まとめ

*人気シリーズまとめで色々な話をお楽しみいただけます。
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る