【LGBT~I am only me.~】

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

LGBT

I am only me

m1

後ろの虹は、ハピ子の発案で
二人で一生懸命つくったものです。

ただの写真ではなく
ひとつのメッセージとして撮影しました。

LGBTの象徴として、
レインボーフラッグや
虹が用いられますが

遠くない将来、フラッグや虹がなくても
LGBTそれぞれが気負わず
に生きていける世界になるように。

私やハピ子はLGBTのLesbianではあるけれど
Lesbianという肩書きがなくても
現実に、ここに存在している。
レインボーフラッグを持ち歩いていない時も
「ただの私」として、確かに存在している。

異性愛者全員に理解して貰うだとか
LGBTの確固たる社会的地位を、
とまでは主張しませんが

LGBT全員が「象徴」がなくても
LGBTの括りの中だけでなく、
自分のためだけに笑っていられたら。

そんな風に思っています。

差別をなくそう、境界をなくそう!
と思ったり、匿名で主張することは簡単で
誰にだって出来ること。

何かを主張するときには
批判や、反対意見が起こるのは当然のことで
それを拒絶したり「認めません」というのは
ちょっと違うな、と思います。
自分の主張ばかりが正しいとは、
私は思いません。

「こういう人間もいます」
「こういうLGBTがいます」
「こういう人間が漫画書いてます」
「これこれこういう思考を持っています」
「こういう価値観の人間もいます」
4コマ漫画や、他の企画
また他の芸術分野に携わる人間として

顔を出して堂々と活動していく。

本日はその意思表明です(ちょっと大げさですね)
まだ少々先の話ですが、このブログだけではなく
ハピ子と二人で、いろいろと外に向けて
活動していく計画を進めています。

匿名、顔も知らない人が書いたものより
顔が見えるブログの方が
信頼が置けるのではないかなぁ
とハピ子に言われました。

そうですね。私もそう思います。
だから、顔を出すことにしました。

必要な撮影が終わったら、二人でもぱちり。

PCに画像を取り込んだら
「アンガールズの田中さんだ」と
ハピ子が言っていました。

「このぶさいくが」
と何度もなじられながら写真を撮りました。

顔を出すって、そういうことですね。

*コーデ・本人画像・写真まとめもお勧めです。

*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る