【元記事】同性愛者の不動産探し

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

【元記事】同性愛者の不動産探し

*新・同性愛者の不動産探しに焼き直しました。

引越しシーズンということで
不動産ネタです。
今は昔よりも規制が緩和されたように思いますが
女2人、男2人って賃貸探しに苦労しますよね。
審査申し込みの同居人欄。

まさか「恋人」と書く強者はいないでしょうが
大概「友人」でしょう。
最初から「ルームシェア可」とある物件ならOKでしょうが
田舎の物件となると、難しい。

ど田舎の物件に審査申し込みをした時
昔さぞブイブイ言わせていたであろう、美人オバチャンが担当になって
「友人」と書こうとしていたところ
じーっと私達をみつめて
「じゃ、いとこってことにしておこうか」と笑ったことがあります。

「あ、はい…そういうことで」と言って
従姉妹と書きました。結果審査おりましたよ。

なんでも、その物件は
気難しい地主のおじいさんが大家さんだそうで
ルームシェアだと片方が支払いできなくなったときに
心配だ、という考えの人だったそうです。
家賃保証会社の普及が進みましたが
貸す側はまだ不安のようです。

結局審査はおりたものの
内見に行ったとき
近所の人たちが「ご関係は?」とか煩かったので
比較的無関心なひとたちが集まる
別の物件に決め、
ビアン疑惑担当の方の物件は借りませんでした。

でも、世の中
優しい担当者もいるんだなあ…としみじみ。

若いってだけで見下す担当者もいますからね。

物件が決まり、引越しまでは大忙し。HOME’S引越し見積もりでサクっと決めました。いちいち電話しなくても向こうから連絡くれるからいいですね。

よい物件探しを!

Have a good time!

過去記事は2016年分全記事アーカイブでまとめ読みできます。

*人気シリーズまとめでトレンドチェック。
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る