▲本当にあった虐待の話 第9節-ロマンスじゃないグレーとロマンスグレーを比較して晒してみる-▼

※これは私の実体験であり、主観です。
人によっては、自身の過去を思い起こしたり
強い衝撃を受ける可能性があります。
閲覧は自己責任でお願い致します。

※レズビアンであることと、虐待を受けたことの
関連性はありません。
お笑い番組みたいに、いちいちテロップ出しておきますね。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

本当にあった虐待の話 第9節

ロマンスじゃないグレーとロマンスグレーを比較して晒してみる

2015-07-06-23.09.02

2015-07-06-23.23.08

2015-07-06-23.35.54

2015-07-06-23.44.46

お金持ちには2種類います。
生れたときからのお金持ちと
成金。

お金持ちの上を見ればキリがありませんが
少なくとも私の父は
自慢できるような金持ちでは…なかったと思います。

オレ、シャチョー。金持ちだ

私が小さいときから
父は、自分が金持ちだ
ウチは他所より恵まれているといい
肩で風を切っていました。

シャチョーの外食。

でも、父がつれていくレストランは
田舎の回転寿司かファミレスだけ。
回転寿司の大トロを頼んで
大きな顔をし、
おおいばりで会計を急かしていました。

ハピ子のおじさま。

ハピ子の伯父さま(資産家)が
連れて行ってくれたレストランは
渋谷区にある本格イタリアン。
サービス料がかかり
ギャルソンがイスをひいてくれるような場所です。

言葉遣いも全然違う

伯父様はいいました。

「デザートはいかがかね?
ぜんぶ頼んだって構わない。
好きなだけ食べなさい」と。

まとめ。

さびれたファミレスで
電卓片手にオーダーしていたのは
私の父ではありません。きっと。

本当にあった虐待の話まとめより、一話~読めます。

←本虐第8節本当の金持ちの世界を知ったら~へ戻る
→本虐第9節母親の愛に続く
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る