▲噛まれても抵抗できないのは…何プレイって言うんですか?▼

パートナーのハピ子が、大の動物好き。
幼少から猫たちと暮らしている彼女は
どんな動物ともすぐに仲良くなることができます。
彼女の影響で、動物がより好きになったようなものです。

さて、そんな彼女が
春先に「子リスがほしい」と
ホームセンターに出向き
中国産の子リスを
連れて帰りました。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

噛まれても抵抗できないのは…

何プレイって言うんですか?

0728-2-1

0728-2-2

0728-2-3

0728-2-4

先代のリスは、天寿を全うし
星になりました。
そんななか、たとえ国内産でなくても
新しいファミリー「ギズモ」を
2人で大切に育てあげようと誓ったのです。

先代が肩乗りの
人懐こい子だったので
当然ギズモもそうなるだろうと
ケージから出して遊んでいたら

サカリを過ぎてから
ギズモは、リスが変わったかのように
暴れるようになってしまいました。

寝ている間にケージを抜け出し
台所をひっかき回し
私が降りてくると
仁王立ちで待っている…。

すこしでも捕まえようとしようものなら
足の指を噛み
鼻を噛み
指を噛み…
くらいついたまま離れません。

引っぺがしたら
小さいしつぶれちゃったら怖いし
ギズモを傷つけたくないから
抵抗できない…。

先代のリスにはなかった
耳の後ろの白い毛が、ギズモには生えているのですが
ギズモじゃなくて
ストライプって名前にすればよかったね

とハピ子さん。

いちばん元気な子リスを、
もらってきたんだものねぇ…。

くわばらくわばら

*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る