▲過ぎ去った日々のことをたまには顧みてみよう。ハンバーガーを齧りながら▼

ちょっと前に表参道のバーガーショップで
ハピ子が撮影した写真を貼っておきましょうか。
贔屓目でなく、私は彼女の写真を誇らしく思っています。
間のとり方、メッセージ性。
食べ物を鮮やかに、風景の表情を逃さずに。
私とハピ子の過ごしたその余白を
きっかり切り取ってくれる。
いつも驚かされます。

*Instagram
→→@paradiseokiraku

*Twitter
→→@hapiko_happy

★両アカウント、ハピ子が管理しています。
Twitterは、気づき次第フォローバックしているようです。
ブログ記事の更新がそのままTLに流れます。

*本日のおすすめ
Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese lesbian couple,Hapiko & Mirako presents -365manga.jp
▲過ぎ去った日々のことをたまには顧みてみよう。ハンバーガーを齧りながら▼

この写真を「あの、からしとケチャップのやつ」と呼んだら
「もうミラちゃんには写真提供しない」と言われました。
IMGP1194

よく
「結婚したらこうしたい」
「子供ができたらこうしたい」という話になっても
そうなっている自分を想像すらできず
相槌を打ちながら、昨日読んだ物語を反復していたりしました。

いつか誰かと結婚するなんて。
エプロンをして誰かの帰りを待つなんて。
子供を育てあげるなんて。
ふつうの家庭なんて。
そんなのあり得ない。

大人になって、自分の予想は見事に的中しました。
私は結婚しませんでしたし、母親にもなりませんでした。

あるのは、ばかみたいに甘い記憶と
嵐のように過ぎ去った毎日。
そして、日々の暮らし。

結婚生活がどういうものかは
一生わかりませんが

「ふつうの家庭」はもっとわかりません。
同棲しているカップルの話を聞いても
私の育った環境を思い出しても。
結婚した友人の話を聞いても。
主婦ブロガーの話を読んでも。

みんな違います。

あたたかい家庭ってなんだろう。
理想的なパートナーシップってなんだろう。

考えれば考えるほど深みにはまって
自分がまともじゃない気がしてきます。

でも、一方で
私とハピ子の関係を
しかと胸にかき抱きたくもなるのです。

同性愛者、という面だけで見れば
結婚という制度もないし
まだ世間からは少数派。

でも、この小さな島国で
守りたい、共に年を重ねたいと
心から思う人を見つけられたことに関しては
自分を称賛したい、と思うのです。

なかなか自慢のパートナーとは言い難い私を
静寂の世界から日向に連れ出してくれた
ハピ子のことは…アメージング、
と感嘆せずにはいられません。

自分の選択を振り返ることに意味なんてありません。

かじり始めたハンバーガーは
最後まで味わうほかないのです。

ケチャップもマスタードも
お好みでかけて。

———————

*お問い合わせはコンタクトフォームへお願い致します。
*モバイル向けアーカイブ↓↓
テキストアーカイブその1
テキストアーカイブその2
テキストアーカイブその3


同性愛・ビアン(ノンアダルト)ランキング
人気ブログランキング



|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る