▲本当にあった虐待の話 第16節-親に虐待されてるって、児童相談所に連絡したいのに「ひとまず親に連絡しよう」と教師が言った件-▼

児童を守るために、近年では
法整備が進みました。
児童虐待に関する情報も
身に迫ったものとは言いがたいですが
一般の人も、すこしは頭の片隅に入っているはずです。

※これは私の実体験であり、主観です。
人によっては、自身の過去を思い起こしたり
強い衝撃を受ける可能性があります。
閲覧は自己責任でお願い致します。

※レズビアンであることと、虐待を受けたことの
関連性はありません。
お笑い番組みたいに、いちいちテロップ出しておきますね。

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese lesbian couple,Hapiko & Mirako presents -365manga.jp

▲本当にあった虐待の話 第16節-親に虐待されてるって、児童相談所に連絡したいのに「ひとまず親に連絡しよう」と教師が言った件-▼

0809-2-1

0809-2-2

0809-2-3

0809-2-4

様々な機関に虐待被害の相談をしたら…

虐待をされてきたミラ子は
パートナー・ハピ子を通じ
様々な機関に相談をしました。

そのうち、児童相談所に
直接電話をしたほうがいいと
アドバイスされました。

学生は、児相が開いてる時間に電話できない。

授業が終わってから電話したのでは
児相は閉まってしまう。
土日は開いていないし
家に帰れば虐げられる。
さて、どうしたものか───。

悩んだ末に、学校側に相談することに。

児相に相談する時間を貰うため、
授業をぬけだしたミラ子。
担任教師に、事情を説明しました。
虐待内容を書いた紙を見せました。
緊急性を客観的に示すためです。

『自分の一存では判断できない』

内容を見た担任教師は
自分の一存では判断できないからと
性的虐待の内容も書いてある
その紙を、学年主任のジジイに
勝手に、見せにいきました。

聖職者である、
学年主任は言いました。

「じ、児童相談所にいう前に
親御さんに連絡しよう!
まずは親御さんに…」

肉体的暴力でも同じこと言うのかなぁ。

もし私が、もっと幼く
逃げることもできない年齢だったら

今こうして
ブログに書くことも
できていなかったでしょうね。

教師の嘘。社会の嘘。

教師は、私が進学でなく
就職したいと申し出たとき
「東京に出ても、高卒は手取りで10万ももらえない」
と嘘をつきました。

「いい大学に行って、いい会社に入らないと」
「大学こそすべて」

進学校の教師にとって
生徒の進学率、進学大学のランクをあげることが
仕事ですからねぇ。

本当に頼れるものって?

東京大学出てフリーターしてる人
医師も弁護士も受け皿がなく
畑違いの仕事をしている場合もある。

そんな側面は
学校では教えてくれません。

若い人も、ネットを通じて
知識を多く有するようになりました。

資格を持っていると一生安泰
結婚して一人前
警察官は人格者
教師は尊敬すべき

そんな時代遅れのまやかしは
通用しなくなってきましたねぇ。

こんな時代ですから、頼れるものは
きちんと見極めないといけません。

漫画・本当にあった虐待の話はコチラから。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る