▲ハフィントン・ポスト(The Huffington Post)日本版に掲載されました。▼

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日

Japanese lesbian couple,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

ハフィントン・ポスト(The Huffington Post)
日本版に掲載されました。

huff

先日、某ディアサイトにあげた記事がハフィントンポストに掲載されました。

※掲載先URL→HUFF POST LGBT

ハフポストとは…

米国のリベラル系(自由主義)インターネット新聞。
幅広い分野を扱う。
今回記事が掲載されたのは、ハフィントン日本版。

掲載を受けて

ホットな媒体に掲載されることは、うれしくもあり
恥ずかしくもあります。

今回・前回、記事に登場したGIDの友人達は
今ほど情報が多くない時にSRSを受けました。

体の違和感があり、できるだけ早く…そして手術に耐えられる年齢の時に、
という焦りもあったと言います。

性同一性障害に対する情報

今はネット社会ですが、トランスジェンダーに対する情報は
当事者に向けても、第三者に対しても
あまり開かれている印象は受けません。

GID当事者たちの現実

GID当事者の友人は
「本当はGIDでないのにGIDと思い込んでホル打つ人」や
「実はGIDなのに、GIDでないフリをしている人」
「わき目もふらずジェンクリに通う人」が多いと言います。

「はやくオペしなきゃ」
「ホル打つしかない」

思い立ったらいてもたってもいられない、
と閉じこもってしまった当事者・予備軍に

「ホルモン治療のその先」
「オペを受けた生の声」

を知ってもらい

落ち着いて考える時間の
キッカケになれたら…と思い
今回の記事を書きました。

Paradise Okirakuの強み

私たちの記事は、
データをネットや蔵書から引っ張り出してきたものではなく

実際にあったことや、経験談

が元になっています。

メディアサイトに掲載している記事は
365manga.jpに掲載しているものとは
色が違います。

タイトルや内容は一部改変されている

特にタイトルに関しては
毎回SEOやキーワードなど、大人の事情
編集さんが変更しています。

掲載のタイミングも、
メディアサイト運営の都合上
こちらが目を通す前に
編集・公開される場合もあります。

メディアサイトのタイトルは
気にしないでいただきたい。

今後も、タイトルだけ読むと
「えっ?」
となってしまうことが起こるかもしれません。

こちらとしては、内容を読んでいただければ
しっかりと理解できる
誠実な記事をあげる所存ですが

タイトルに関してはタッチできません。

全てはLGBTの周知のため。

メディアサイトでLGBTの話題を取り上げるのは
セクシャリマイノリティーだけでなく
ストレートアライに対しても
広く周知させる意図があってのことですので
どうかご理解ください。

※ハフポストに掲載された記事はコチラから。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る