▲本当にあった虐待の話 第25節-荷物見る勇気あるの?先生。-▼

最近、セブンイレブンに寄って
ハピ子のお土産を買うのが流行ってます。
ハロウィン向けのお菓子や、パンプキンプリンなど
コンビニって楽しいですね。

今日は毒親関連のお話を4コマにて。

※これは私の実体験であり、主観です。
人によっては、自身の過去を思い起こしたり
強い衝撃を受ける可能性があります。
閲覧は自己責任でお願い致します。

※レズビアンであることと、ギャ○待を受けたことの
関連性はありません。
お笑い番組みたいに、いちいちテロップ出しておきますね。

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese lesbian couple,Hapiko & Mirako presents -365manga.jp

▲本当にあったギャ○タイの話 第25節-荷物見る勇気あるの?先生。-▼

0922-2-1

0922-2-2

0922-2-3

0922-2-4

23節で親に見切りをつけたミラ子。

親との話し合いで、それまで兄だけ許可されていた外泊が
黙認されることになりました。
週末だけはハピ子の家に外泊するようになります。
もちろん外泊先は親に告げません。
最初は、反抗期のなかったミラ子の抵抗や外泊を黙認していた両親は
途中で態度を変えます。

第20節で、ミラ子母に泣きつかれ
ミラ子母の言うまま
ミラ子を授業中に呼び出した学年主任。
22節でミラ子は親友の裏切りを確信し
四面楚歌になります。

電車賃の学割申請についても
チクチク言われ
それでもミラ子は、平日は授業をまじめに受け
週末はハピ子に会うことをやめませんでした。

金曜や土曜には、かばんに着替えをつめていましたが
母親が学校に訴えるまでは誰も指摘しませんでした。

でも、面倒ですねぇ。学校って。

つづく

イッキ読み用!本当にあった虐待の話はコチラから。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る