▲ハピ子の仕事と、二人の時間と職場でのカミングアウト▼

ハピ子の仕事。
様々な仕事を経験した彼女ですが、
特に思い出深い仕事があります。

当時はすごくかっこいいと思いましたし
いま思い出しても、すごく幸せな時間を過ごさせてもらったなと
感謝の気持ちでいっぱいです。

*Instagram
→→@paradiseokiraku

*Twitter
→→@hapiko_happy

★両アカウント、ハピ子が管理しています。
Twitterは、気づき次第フォローバックしているようです。
ブログ記事の更新がそのままTLに流れます。

*本日のおすすめ

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日

Japanese lesbian couple,Hapiko & Mirako presents -365manga.jp

▲ハピ子の仕事と、二人の時間と職場でのカミングアウト▼

1014-1

ハピ子といえば、裏バイトですが
裏バイト以外にもいろんなお仕事してました。

そのなかにトラックドライバーがあります。

2トントラックのドライバー。
3トンの特殊なトラックも乗っていたりしました。

私が毒親から逃れ、ハピ子の家に転がり込んだときのこと。

親子関係調整をしていると面接で正直に話していたこともあり
3か月の間、私は無職でした。
※詳しくはギャ○タイシリーズのこの話をご覧ください。

家事全般をやっていたのですが
ハピ子の仕事の余裕がある時、よくトラックの助手席に乗せてもらっていました。
2トンとはいえ、自家用車とはまったく違う視界。
固いシート。
ハピ子と過ごすワクワクの時間。
夢みたいに楽しかったです。

ハピ子の当時の職場の上司は
お客さんの前では隠れていればミラ子を乗せてもOK
という許可をしてくれていました。

ハピ子はカミングアウトしていましたし
上司は私の家庭環境のことも知っていました。
だから私は、仕事の邪魔にならない程度に、営業所に出入りし
トラックに同乗させてもらうことができたのです。

3か月間の無職期間は、親とのバトルや
弁護士との打ち合わせ、家事、調べものと、歩きでの職探し、
たまにハピ子トラックの同乗で
あっという間に過ぎました。

その期間は、世間から切り離されているような
自己嫌悪に陥ったりしました。
でも、ハピ子の職場へ出入りできるようになり
少しずつ大人への階段を昇り始めることになる
大きな節目になりました。

トラックを悠々と運転するハピ子を見て
まだ10代だった私は
将来トラックの運転手になりたいと憧れたのでした。

それも私が事故に巻き込まれるまでの、短い夢だったのですが…。

*~10/10までにいただいたメッセージは
すべて返信完了いたしました。

本日は夕方以降に、4コマアップしますので
お時間のある時に御覧ください。
———————
*ハピ子がアメブロ始めました。
ハピ子のお気楽パラダイス

*お問い合わせはコンタクトフォームへお願い致します。

*モバイル向けアーカイブ↓↓

テキストアーカイブその1
テキストアーカイブその2
テキストアーカイブその3
テキストアーカイブその4

*人気ブログランキング

*同性愛(ビアン)ブログランキング

*イラストエッセイブログランキング

* 日々のできごとブログランキング




|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る