▲ブロガーのFTM君と会ったら、バストトップがドゥンだったので目のやり場に困った▼

新規さんが増えたため、蛇足をいたします。
ストレートの方がごっちゃにしやすい
「ボーイッシュ」と「オナベ」について。
同性愛者のうち、レズビアン(女性同士の同性愛者)の中に
「ボーイッシュ」という括りがあります。
主に見た目が少年のような、男の子っぽい風貌の人のことです。
中身は、繊細な人もいれば、オレオレ体質な人もいて千差万別で一概には
言えません。

対して「オナベ」というのは、
セクシャルマイノリティの界隈では
性同一性障害(GID)と分けて
商売で「オナベ」として働いているプロのことを
指すようです。

性同一性障害は、体と心の性が
異なっていることで
身体が女性で心が男性の場合
FTM、その逆はMTFと言います。

ボーイッシュなレズビアンは
男性になりたい(体を変えたい)訳ではなく
女性として、女性が好き。
↑管理人ミラ子はこちらにあたります。

FTMの方は、大ざっぱに言うと
心が男性なので、体の不一致に
苦しんでいる。
恋愛の対象は女性。
ストレートの方と同じように
男性として女性を愛する。
ですが、レズビアンやゲイ、バイセクシャルがいるように
GIDの方でも、男性として男性が好き
女性として女性が好きという方もいます。

(上記蛇足は私の主観なので、サイトや人によって
主張が異なる場合があります。
性同一性障害や、同性愛の用語は
興味のある方はググってみてください。)

さて今日は、こんなお話。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

FTMブロガーの話

バストトップがドゥン

1207-1-1

1207-1-2

1207-1-3

1207-1-4

あるブログを通じて、
FTMの方と知り合いました。
FTMと自称されてはいましたが
クリニックにも行ったことがなく
自己診断のFTMの方です。
本人がそう主張されていたので
ここではFTMとして、書きました。

当時のブログでは顔出しをされていて
パス度が高い印象だったのですが
実際に会って遊んだ時に驚いたのは…

「写真と随分違いますね」
「乳首浮き出てますよ」

の2点でした。

今ほどスマホのアプリで簡単に
写真加工ができる時代ではなかったのに
そのFTM君は自撮りキングだったのです。

顔を小さく、彫を深く見せる達人でした。
会って、そのスキルに惚れ惚れしたものです。

胸オペをしていないFTMの方は
ナベシャツやサラシで胸を潰す
というのが殆どだと思ってきましたが
彼は違いました。

ブラジャーもニップレスもないから
乳首ドゥーン!!!

見るなよ、と思った方は
実際に、初めて会う人の乳首がドゥンするのを
目の当たりにした方が良いかもしれません。

衝撃ですよ。

ビアンである私たちが
彼にナベシャツをすすめるのはプライドを傷つけるだろうし

かといってブラジャーの話をするのは
もっと傷つけるだろうし…。

彼が一番気にしているであろう、
胸の話をわざわざ持ち出して
冗談っぽく
「ちょ、おま、乳首!」
なんて言った日にゃあもう…。

散々悩んだ挙句

私達にはできることはない

という結論にたどり着きました。。

ただただ、その日
彼の胸元に第三者の視線が注がれぬよう
祈るばかりでした。

※現在は、そのFTMブロガーのサイトはありません。
むかしむかしのお話です。

自撮りスキル…

*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る