▲美人な歯科医がいたけども…親不知は抜きたくない-ボッチ工場再来編-▼

大掃除進んでますか。
我が家は残すところ、トイレとお庭だけです。
今日トイレタリーを一新すべく買ってきましたよ。
我が家は100均で買ってきて、1週~2週で総取り換えしてます。
洗えないもの。とてもじゃないけど。

さて本日1本目はこんな雑記です。

*ハピ子は個人ブログで激しく書いてます
ハピ子のお気楽パラダイス

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日

Japanese lesbian couple,Hapiko & Mirako presents -365manga.jp

▲美人な歯科医がいたけども…親不知は抜きたくない-ボッチ工場再来編-▼

ハピ子のブログにも書いてありますが、
私ばっちいミラ子は歯医者さんに行ってきました。
いつもはハピ子を無理やりにでも
歯医者通いさせる側なのですが、
今回は自分が行くはめになりました。

3か月に1回は定期健診をしなくてはいけなかったのに
1回仕事が詰まってキャンセルした後
足が遠のいていた
のです。

耳が痛い、という閲覧者の方もいらっしゃるのでは…。

たぶん1年くらい歯医者に行っていなかったと思います。
テキトーなブラッシングのせいで歯石が溜まりに溜まって
この間、自然に剥がれ落ちた歯石を見たら

1228-1

黒ずんでましたよ。うげっ。

こりゃ虫歯かな~と思って、イヤイヤ行ってきた訳です。

美人な歯科医もいたのに、担当は院長先生(おっさん)。
マスクしてる上にぼそぼそ話すから
何言ってるか皆目見当もつかぬ。
適当に相槌を打ってごまかしていたら

親不知が2本、小さい虫歯になってるのがあるけど
…まだ進行しないからそのままにしますね。
いずれ抜く事になるかもしれませんけど。プッ」

というお言葉だけ聞き取れましたよ。
鏡を見たら本当だ、えんぴつでポチっとやったくらいの
小さな黒点があるじゃあありませんか。

今すぐ削ってちょうだいよ!デカくなるまで
待てっていうの?この人でなし!!

なんて言えないから(自分が不潔にしてたんだし)、
大人しくクリーニングしてもらって終了。

あれだけ歯石がたまってたのに
その箇所は虫歯になってませんでした…よかった。

ハピ子を留守番させていたので
さぞかし腹をすかせているだろうと
家に帰って玄関を開けると
「おかえり~!!」
と客間からお出迎えが…。

1228-1-2

ボッチ工場か~~~~~い!

ミラ子「えっ?今日仕事でしょ??」

ボッチ「お正月までここから仕事通おうと思って…」

ミラ子「困ります、帰ってください」

ボッチ「ハピちゃんは良いって言ったよ」

そ ん な ワ ケ な い ! !

ふと漂ってきたニオイに
客間を覗くと
カーネルサンダースが微笑んだ白バケツ。
そしてまさに今、オリジナルチキンに
かぶりついているハピ子の姿。

「…買収したな」

腹ペコ+出来立てケンタッキー
この最強コンビの前に抗える者がいようか。
菜食主義者くらいなもんだろう。

ボッチ「ミラちゃん、お雑煮つくってあげる。」

ミラ子「…丸餅で?」

わかんない♥探す♥

という、アヤシイ彼の言葉は
私の脳裏をすり抜け、

正月+お雑煮(餅)
という往年の郷愁タッグの前に
跪いてしまった──年末のミラ子なのでした。

余談ですが、ハピ子には
もともと親不知がありません。
歯科医院で「新人類だ!親不知が生えてきた形跡がない!」
とザワザワされたことがあるそうです。
いいですね。

———————

★ハピ子&ミラ子へのお便りはコチラから。

★コメント/メッセージに関するご説明はコチラです。

*Instagram
→→@paradiseokiraku

*Twitter
→→@hapiko_happy

インスタはハピ子が更新。
愛猫の写真や動画、食事、雑貨中心に頻繁にupしてます。
たま~にミラ子も出ます。
相互フォローご希望の方は、お手数ですが一声おかけください。

ツイッターはミラ子が毎日呟き中。
ブログの裏話や、Twitterでしか読めない日常話など
マメにツイートしてます。
9割相互フォローです。
イイネ!やRTくださった方の元へ
積極的に絡みに行く練習中です。
無言フォローも大歓迎です。
鍵付きさんは、一声おかけいただいた方のみ
フォローバックします。
※フォロー&お別れを繰り返す方々が結構いらっしゃるので
リムーブされた場合、こちらからブロック致します。
(ミュートをご活用ください)

*人気ブログランキング

*同性愛(ビアン)ブログランキング

*にほんブログ村 二人暮らし


|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る