▲お風のお姉さま(SM嬢)から聞いた、あの職業のホントのところ▼

爪って、一回もろくなると
あれよあれよという間に
ボロボロになりますよね。

どこかにひっかける→折れる→伸びる→折れる…
エンドレス…!!

ネイルクリームというものも、あるのですね。
爪も保湿しなくちゃなあ。

さて本日2本目は表題のお話です。

*ハピ子は個人ブログで激しく書いてます
ハピ子のお気楽パラダイス

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日

Japanese lesbian couple,Hapiko & Mirako presents -365manga.jp

▲お風のお姉さま(SM嬢)から聞いた、あの職業のホントのところ▼

0112-2

ハピ子が実際に、SMクラブで嬢をしていた
女性から聞いたお話です。

高給取りと言われている風○嬢たちですが

まさにカラダが資本のお仕事。

あまり知られていないことですが、
体への影響も少なくないと言います。

ハピ子が話を聞いた嬢は、超売れっ子で
出勤日は一日に何本もお仕事をこなしていました。

稼げてうれしい!
と言ってばかりもいられません。

本数が増えるという事は、体を洗う回数も増える
つまり、肌に刺激を与える回数が増えるということなのですから。

一般人は一日に1回、風呂好きな人で日に2度ほどの入浴。
それでも、石鹸やお湯などの刺激で
冬場には肌の乾燥が起こります。

風俗系の女性は、日に何度も入浴を(お店のルールでもあり、
自身の安全のためにも)するのです。
しかも一年じゅう

勤続年数が長く、売れっ子であればあるほど
頻繁にシャワーを浴びるのです。

「尋常じゃないくらい身体を洗うのね。
想像しづらいかもしれないけど、
結構なストレスなの。」

当時は今ほど、肌ストレス
洗浄成分に着目したボディーソープがなかったため
その風俗嬢は「ミノン」以外使用しない
と言っていました。

ミノンですら荒れちゃうんだけどね、
でも他はダメ。比じゃないの」

洗浄成分自体が皮膚に優しく、
そして保湿成分もしっかり含まれているミノン。

MINON(ミノン) 全身シャンプー しっとりタイプ 450mL 【医薬部外品】

新品価格
¥1,170から
(2016/1/22 10:44時点)

今はキュレルなど、敏感肌用のボディーソープや
シャンプーも沢山展開されていますから
昔よりは、嬢にとって
よい時代になったのかもしれません。

その状況下で100パーセント肌を守ることはできない

そのため、肌荒れは背中合わせでしょう。

どんな仕事にも裏側はある、いうお話。

*風俗嬢シリーズをもっと。

キュレル ボディウォッシュ ポンプ 420ml

新品価格
¥770から
(2016/1/22 10:45時点)

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る