▲冴えないボーイッシュレズビアンが男にストーカーされた話をする。▼

自己紹介記事でもさらっと触れましたが
ボーイッシュレズビアンの私(ミラ子)が
ノンケ(男)にストーカーをされた話でもします。

見た目はあんな感じで、
性格もよろしくないので
所謂「モテ期」はありませんでした。

が、勤め人だった時代に
ある男性と出会いました。
今日はそんなおはなし。

*ハピ子は個人ブログで激しく書いてます
ハピ子のお気楽パラダイス

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日

Japanese lesbian couple,Hapiko & Mirako presents -365manga.jp

▲冴えないボーイッシュレズビアンが男にストーカーされた話をする。▼

0123-1-1

当時の職場は、男性の割合が多く
女性は殆どいませんでした。
(他部署にはたくさんいましたが)

その部署に、派遣としてやってきたのが
ノンケ男性(30代くらい)のXさんでした。

部署から離れた場所で、Xさんがきょろきょろしていたので
「道に迷ったのですか?」
と、声をかけてしまったのが全ての始まりでした。

Xさんは、その数か月後
正規雇用として部署に移籍し
私と仕事で接する機会が増えました。

やたら話かけてくるなぁと思いつつ
仕事だからと相槌を打っていると
やたら行き帰りの時間がかぶるようになり、
偶然にも経路が一緒になったり
電車が一緒になったりし始めました。

後から聞いたことですが、
これらは全て待ち伏せだったそうです。

プライベートのお誘いが何度もあり
その都度理由をつけて断っていましたが

「メルアドがだめなら電話番号教えて」
など、少々強引になってきました。

それでも断り続けていると
今度はプレゼント攻撃。
もちろん丁重にお断りしましたが…

「君は性格がねじ曲がっている。屈折している」

と、言われました。

ええ、知ってます。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る