▲本当にあった虐待の話 第36節-毒親への反抗、モンスターペアレントの実態-▼

本日は表題の通り、毒親・モンペ4コマから。
閲覧注意です。

※これは私の実体験であり、主観です。
人によっては、自身の過去を思い起こしたり
強い衝撃を受ける可能性があります。
閲覧は自己責任でお願い致します。

※レズビアンであることと、虐待を受けたことの
関連性はありません。
お笑い番組みたいに、いちいちテロップ出しておきますね。

Lesbian4コマ漫画 女2人のお気楽パラダイス365日

Japanese lesbian couple,Paadise Okiraku presents -365manga.jp

毒親への反抗、モンスターペアレントの実態-

0202-1-1

0202-1-2

0202-1-3

0202-1-4

○待を耐え忍ぶ日々に終止符。
毒親への反抗を開始。

改心する気持ちはあるのか?テスト。

ハピ子始め、様々な相談機関の人が
「今そこから抜け出せないのなら、自分で自分の
身を守るほかない」と言ってくれました。
長い期間、虐げられてきた私は
自分の目を覚ますためにもテストを決行。

その反応こそが、両親の本当の姿なんだ、と思ったのです。

暴言→様子見→下手に出る母。

これまで反抗などしたことのなかった娘が
突然目も合わさなくなった。
母は見るまに動転し、予想通りのパターンを踏みました。

下手に出て
「話したくなるまで、お母さん待つ」
とまで言いましたが──。

突然アポなしで学校訪問。むき出した本性

「娘は変な宗教に洗脳され、おかしくなってしまった」
ありもしないことをでっちあげ
その場で泣き崩れたという母。

え、ソースは?(苦笑)

これぞモンスターペアレント

「学校はどう責任をとるんですか?!」
泣いたかとおもえば
ものすごい剣幕で、そう捲し立てた母。
自分が言ったことを簡単に覆し
家庭内の問題を、自身の問題を
学校側に責任追及したのでした。

親も親、教師も教師。友人も友人。

モンペの言い分を信じ切った教師のとった行動→呼び出し

親の正体を見たり。
教師の正体を見たり。
親友の正体を見たり。
みんな○ねばいいのに、とすら思いました。

本当にあった虐待の話まとめより、一話~読めます。

*人気シリーズまとめで色々な話をお楽しみいただけます。
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る