▲本当にあった児童虐待の話 第38節-安らげるハズの「家」、やさしいハズの「母」-▼

児童虐待体験記・4コマ漫画です。
※これは私の実体験であり、主観です。
人によっては、自身の過去を思い起こしたり
強い衝撃を受ける可能性があります。
閲覧は自己責任でお願い致します。

※レズビアンであることと、虐待を受けたことの
関連性はありません。
お笑い番組みたいに、いちいちテロップ出しておきますね。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

被害児童にとっての日常風景。そして母親。

0218-1-1

0218-1-2

0218-1-3

0218-1-4

基本、ゴロ寝でテレビ。

専業主婦でありながら
炊事洗濯を一切しなかったミラ子母。
ダイニングのソファでごろ寝+TV流しっぱ。
諭してくれる人もいません。

食糧は隠す。自分達は超肥満。

敷地内の食糧庫に鍵をかけ
キッチンには食べられるものや
食材を置いていなかった母。
でも、なぜか超肥満。
いつもダイエット本や
ダイエットマシンを使っては
更に太っていきました。
第1節参照)

「自分で作れ」っておい、
材料ありませんから~!

小学校に入る前でしたか。
「おなかすいた」
「ごはんは」
と聞くと、母は

「自分で作れ!」

と怒鳴っては
頬を張ったり小突いたりしました。

食器は割るためにあるらしい。ギョギョ!

食器を壁や床に投げつけ
甲高い声で騒ぐ母。
自分の部屋に逃げ込んでもなお
破壊音は鳴りやみません。

ただひとこと

「ごはん」と言ったばかりに。

システムキッチンいらないんで、
フツーにごはん食べたかった感じぃ。

父は、家族のために
2軒の家を建てました。
そのどちらも、
団らんの場所にはならず
システムキッチンは埃をかぶっていました。

安アパートでも
家族で団らんしたかったよ。

もっとお母さんを
見てあげれば
よかったのにね。
お父さん。

って遅いか!
アハハ、アハッアハハハハハ!

本当にあった虐待の話まとめより、一話~読めます。

*人気シリーズまとめで色々な話をお楽しみいただけます。
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る