▲元既婚ビアン「子持ち女」 第1話-彼女と別れて、暴力夫の元で暮らしてるの。-▼

2015年初頭に連載していた
アブナイビアン
「子持ち女」を
新装連載致します。

※この記事は、既婚ビアンや
特定のセクシャリティ・
個人を攻撃するものではありません。
実際にあった体験談です。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

彼女と別れて、暴力夫の元で暮らしてるの。

結婚歴、子アリ。知らなかった。

20160321-1-1

20160321-1-2

20160321-1-3

20160321-1-4

子持ち女との出会い

ハピ子が若かりし頃のお話。
当時の彼女と、ビアン専用ダイアルで
カプ共募集をし知り合った子持ち女。
(知り合った時は
お互いに別の女性と付き合っていた)
ハピ子が彼女と別れ
一人暮らしを始めたとき
子持ち女から連絡がありました。

「彼女と別れたの」

友人として近況を報告し合うと
子持ち女も
以前の彼女と別れ
フリーになった、と
言ってきました。

1対1で遊ぶようになると
事態は急速に動き始めます。

「私達、付き合わない?」

さらりと交際を申し込んできた
子持ち女。
断る理由も見つからず

「ま、いっか」

ふたつ返事で
交際を始めたハピ子でしたが…。

「実はあたし…元旦那の家に居候してる」

付き合うようになると
子持ち女は、徐々に
自らの置かれている環境の話を
し始めました。

「元カノがすごい浪費グセがあって…
別れるに別れられなくて、
でも別れたくて。
なんとか別れて
行き場所ないし
お金ないから元旦那のとこに
住まわせてもらってるの」

と。

「元旦那は暴力グセがあって」

ハピ子は、子持ち女の
詳しい事情は詮索しないまま
付き合っていたので

彼女に結婚歴があり
子供が2人いる

と聞いて驚きました。

でも、付き合ってしまった手前
掌を返す訳にもいきません。

言いたい気持ちをぐっと抑え
彼女の話を聞くほか
ありませんでした。

つづく

※この話は、個人が特定できない程度に、事実に基づきながら
内容や時代考証に僅かな変化を加えています。

人気シリーズまとめで色々な話をお楽しみいただけます。

*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

恋人に後出しじゃんけんは…。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る