▲新宿2丁目ビアンバー時代の思い出:その自信はどこからですか…かッ!?▼

ハピ子が新宿二丁目のビアンバーで
バーテンのバイトをしていた時のお話です。
ビアンバーの従業員募集や
2丁目の求人募集を探している方
多いみたいですねぇ。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

ビアンバー時代の思い出:その自信はどこからですか…

自分を好きになる前提?

20160414-2-1

20160414-2-2

20160414-2-3

20160414-2-4

不思議だけど、本当に多いタイプのお客さん

ハピ子が働いていたビアンバーで
不思議と多かったのが
この「私モテます」という
モテオーラ全開のビアン。
フェムもボイも。

どんだけ多くの人に
容姿を褒められたり
チヤホヤされたんですか

と思っちゃう感じの、
地味だったり
複雑だったりする顔立ちの人が
多いんですって。

それでいて、ファッションは
頑張ってるけど
雑誌そのままな感じか
バランスが崩れているような
あららうふふなタイプ。

はっきり言うけどそれは勘違い

バーの店員や、水商売の人は
お仕事で接しているので
リップサービスは基本です。

お客様のために
口説かれても
嫌な顔をしたり、ハッキリ
断るようなことは
しないものです。

だから、それは
モテてるのとは違うの。
お仕事してるだけだから。

悲しいかな、公私混同

お金を払う。
お酒を買う。
お酒をすすめる。
接待する。
お金が絡んでいるから
生まれる関係なのに

すぐにプライベートに
持ち込もうとする女の多い事。

店員の本音

キャバ嬢、ホステス、ホストは
惚れさせてナンボと
言われています。
ビアンバーの店員はどうでしょうか。

勘違いする人は
正直めんどい。

楽しく呑もうよ。

本当に不思議だったの

不思議だと思いませんか。
社交辞令を真に受けて
自分がイケてる、と
思い込む人のことを。

思うのはいいんだけど
モテオーラ全開で
接されると
対応に困るよね。

自分だったら、どうですか?

2丁目バイトほか、裏バイトまとめもどうぞ。

*人気シリーズまとめで色々な話をお楽しみいただけます。
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

これは昔の話だけど
今はどうなんでしょうね。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る