▲遠距離恋愛中よくデートした、思い出のレトロ喫茶店▼

デートには、どこへ行きますか?
遊園地、ディズニーリゾート、USJ。
ライブ、お祭り、海、山。
美術館、博物館、食べ歩き。

私は、遠距離恋愛をしていたとき
レジャー施設のない田舎に住んでいました。
温泉は沢山ありましたが
ハピ子は温泉が苦手。

そこで、よく二人で訪れたのが
この喫茶店です。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

遠距離恋愛中のデート-思い出のレトロ喫茶店

今も胸の中に漂う、カフェの空気

20160430-3-1

20160430-3-2

20160430-3-3

20160430-3-4

海沿いの小さな喫茶店

実家の最寄り駅から、
数駅離れた場所に
小さな喫茶店がありました。

漁港からも駅からも離れていて
海沿いではありますが
オフシーズンには地元の客しか来ないような
目立たない喫茶店です。

駐車スペースは、2台分だけ。
外観はレンガ造りで
重い木の扉を開けると
カラカラ音が鳴り
マスターが奥から出てきます。

カウンター席が5,6席。
テーブル席は3席。
出窓にはレースがかかっていて
海沿いですが、窓からは
まっすぐな道路と車、空しか見えません。

寡黙なマスター、心地よいジャズ

田舎独特の、モヤモヤした喫茶店と
お洒落な都会カフェの
ちょうど中間のような
不思議な居心地のよさ。
マスターは、顎の青い中年の男性で
寡黙ですが優しい人でした。

てきぱき働くママか
アルバイトの中年女性
どちらかが給仕をしてくれます。

会話の邪魔にならず、
かつ、ひっそり話せば
隣のテーブルに会話が聞こえづらくなるような
絶妙なボリュームで
クラシックジャズが流れていました。

喧嘩をしても、仲良しでも

私達は、大体夕方からそこへ出向き
夕食を食べ、デザートを食べ
眠気冷ましの珈琲を飲みながら
語らいました。

喧嘩をしたり、仲直りしたり
色々な瞬間を
夜の闇に映しながら。

過去記事は2016年分全記事アーカイブでまとめ読みできます。

*女2人の遠距離恋愛漫画 まとめで、一気読みできます。
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る