【一世一代のカミングアウト~地獄への入り口~】

恋人にもいえない、家族にも言えない
そんな秘密を抱えてきましたが
ようやく踏ん切りがつきました。
私は今日、カミングアウトをします。

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

一世一代のカミングアウト

地獄への入り口

0321-1-1

0321-1-2

0321-1-3

0321-1-4

私の生まれた家には、柿の木が植わっていて
秋になるとオレンジ色の実が生っていました。

その柿の木に見下ろされるようにして
室外機があって、
そこは砂利が敷いてありました。

母に叱られて外に出されると
私は、その室外機の前に行って
シャベルを持ち、
ざくざくと穴を掘ります。

その下にはトンネルがあって、
そこを抜けると

閻魔様がおわす地獄があるのだ

と、私は考えていました。

しかし、その計画はいつも
父によって中断されてしまいます。

結局、地獄へのトンネルには到達できぬまま
柿の木のある家から越してしまいました。

今の家には、室外機はありますが
柿の木も砂利もありません。

あなたの家の室外機の前は…。

最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

*人気シリーズまとめで色々な話をお楽しみいただけます。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る