【ギャンブル依存症の女~あなたの彼女は大丈夫?~】

セクシャルマイノリティーの人の中にも着々と、
ギャンブル依存症の波は広がっています。
「シェーン気取り」も、その一人でした。
ギャンブルにも競艇、競輪、スロット、
パチンコ…いろいろありますが
似非シェーンはスロット依存症でした。

「スロはパチと違ってゲーム性があるから」
「好きなアニメの機種があるから」と、言っていたそうで…?

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

ギャンブル依存症の女

あなたの彼女は大丈夫?

0329-1

パチンコ・スロット

パチンコやスロットの経験はありますか?
私は、スロットならあります。1000円だけ入れて
もちろん鳴かず飛ばず。
その一回きりで、あとは定額ゲーセンスロットのみです。
と、いうのもパチンコ&スロット店で勤務していたことがあり
目押しの練習をしなければいけなかったからです。
(今は目押しサービスは禁止のお店もありますね。
カウントをとるのはOKのようです)

1000円だけ入れて、
当たらなければ即やめる…
これが出来る人が、どれだけいるのでしょうか?

胴元が必ず儲かるようになっているのに

私の場合、パチンコ&スロット店で
負ける人をこれでもかと見てきたので
「絶対にやってはいけない」と肌で理解できたのですが
店員でも、ギャンブル依存の人は沢山いました。

「ビギナーズラックで少し勝ってしまった」
からパチンコに足を踏み入れ、
「負けた分を取り戻さなければ」と躍起になり…
もう後戻りが出来なくなってしまうのです。

40代のL&シェーン気取りカップルに出会ったとき
Lは、よく「ゲーセンでメダルゲームをやりにいく」
と言っていました。

でも、Lがシェーン気取りと別れた後
「実はスロットに行っていた。
似非シェーンが行きたがるから」
と教えてくれました。

スロ台ICカード事件

思い返してみれば、似非シェーンは
「Lのスロ台のカード落としたみたい」
と騒ぎ
Lが台に入れていたお金は1万円だったのですが
「落としたらもう戻ってこないよ。使われちゃうし」
と、Lが探そうとするのを止めた、という話がありました。

後日、その話を聞いた私が
「気付いたらすぐ店員に言えば、
番号調べてカード止めてくれるよ。
精算や使い込みができないように」
と切り返すと
「そうなの?」と焦りの表情を見せました。

「台にささったままなら、数日以内なら返してくれると思うよ。
今からでも遅くないからお店に詳しい状況を説明して聞いてみなよ」と続け

「私、パチンコ店で働いてるけどよくあるよ」と告げると
似非シェーンは急に話を逸らしました。

おかしいなと思っていたら
その後急に似非シェーンから避けられるようになり
ついに二人が別れるまで、
連絡を絶たれることになったのです。

事の真相は…

きっと、ギャンブル依存で
Lが台に入れていたお金を
落とした、とウソをつき着服していたのでしょうね。
パチンコ業界の人間が身近にいると、
ウソが発覚してしまうのを恐れたのでしょう。

さて、あなたの彼女は大丈夫ですか…?

ゾクゾク!同シリーズ

*前回のお話→Lの世界は本当にある?リアルシェーン
なりきりシェーン-Lの世界-携帯の中身はへ続く

一挙全話読み→Lの世界のシェーン気取りなビアンまとめ

*人気シリーズまとめで色々な話をお楽しみいただけます。
*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る