▲外食潔癖あるある-大好きだった駅前喫茶店に行かなくなった理由-▼

一人で外食、できる人ですか?
カフェはOKだけど、ラーメン屋は無理。とか
立ち食いそば屋はOKだけど、大衆食堂は入れないとか。
人それぞれ境界があるものですが
ハピ子は全般、一人では無理です。
というか外食がムリです。

そんな原因を作ったのが
表題の喫茶店でして…?

ジェンダーフリー|総合メディアブログ
女2人のお気楽パラダイス365日
Japanese creator unit,Paradise Okiraku presents -365manga.jp

大好きだった駅前喫茶店に行かなくなった理由

外食潔癖あるある

kissaten

外食デビューいつ?

外食デビュー(ひとりで外食した日)は
いつですか?
ハピ子は記憶にないそうですが
私はよぉーく覚えています。

訛りが強かった田舎の
駅前の喫茶店です。
確か、小学校中~高学年だったかな。

町内唯一のケーキ屋さんに隣接していて
(ケーキ屋さんのパティシエがお兄さん
喫茶店のマスターが弟さんらしい)
もやっとした外観の
小さな喫茶店でした。

大人の階段昇るつもりで
喫茶店のドアを開いたんです。
一人で。

意外とやさしい喫茶店のひとたち

小学生一人で現れても
喫茶店の人は
「お一人ですか?」
とちゃんと応対してくれたのが
すごく嬉しかった。
大人になった気がしたんです。

どぎまぎしながら頼んだのは
ガトー・ショコラと
アイスミルク。
シロップが銀色の
ちいさなポットに入って 
添えられていたのが
たまらなかった。

以来、図書館に行く
と嘘をついて
よく一人で通いました。

初めてアイスミルクを飲んだ日
窓際の席で、落ち着いた感じの
女性客が
珈琲片手に本を読んでいたのが
眩しかったなぁ。

大人になってから発掘した喫茶店

そんな印象が強くて
喫茶店(カフェじゃないのがミソ)
があれば、とりあえず一人でも
入ってみちゃうミラ子。

大人になってから、
ハピ子と千葉のある喫茶店を
発掘しました。

毎週、週2くらいのペースで
通っていたんだけど
ある日を境に
いかなくなっちゃった。

もう喫茶店は無理っぽい

髪の毛ホットサンド

その喫茶店は、色々な洋食メニューが
食べられるのが売りでした。

オレンジ色のナポリタン
俵型のハンバーグ。
こっくりしたコーンポタージュ。

ハピ子のお姉ちゃんとも
ハピ子のおばあちゃんとも
よく車で行きました。

中でも私達のお気に入りは
ホットサンド。
かじると中からチーズがとろーり。
パンはサクサク。

でも、ある日
ハピ子がかじった

ホットサンドから
髪の毛がとろ~り。

黒髪で、ミディアムくらいの。

当時ハピ子は、
金に近いオレンジ毛だったので
違う。というか、
チーズから出てきたから
たぶんママだね。喫茶店の。

あれが外食潔癖の
始まりだったかも。

三角布とか帽子とか
かぶってなかったもんなぁ。
マスターもママも。

◎「それ、洗った?」潔癖あるあるまとめ←おすすめです

*最新記事はお気楽パラダイスホームへ。

|サイトポリシー

Website policy
↑当サイトご利用にあたって 必ずご一読ください。
(いちいちテロップ出しておきますね)
トップへ戻る