年の差パートナー、現実を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きという気持ちだけでは乗り越えられない現実の嵐の中で。

同性で年の差で。女性同士のパートナーシップを

十年以上前に結んでいるハピ子ミラ子の話だよ。

不器用でもできる~という記事に載せる予定だったけど

制作が押せ押せだったので本日分の記事としてあげるね。

長年連れ添っていると

パートナーというより

家族や共同体という感じになってくるよね。

数年前から、オレもハピ子ミラ子の

共同体─あたらしい家族のかたちに加わって

より一層思うよ。

現実を「続けていく」ことの

幸福や難しさをね。

お便りコーナーにもあったよね…

食事に関することや

住まいや働き方に関すること。

健康面で全員が参ることもあるしねぇ…。

相手がささっとやってくれる、

料理や掃除や親せき付き合いや

DIYや買い物も…

当たり前」とか「本気出せば自分にだって

と思ってしまいがちだけど

本当はそうじゃないんだよね。

改めてハピ子の偉大さに気づいた

不器用なミラ子でした。

あなたは、どう…?

     
error: Content is protected !!