本当にあった毒親の話(50)○○た方が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画に罪はない、兄に罪がある

性的虐待は一度のみならず何度も、

数年繰り返されました。

その記憶の断片を書いています。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

ジャンプの作品でしたね。

忘れもしません。

兄は中学に上がるか、上がらないかという年齢まで

月間ジャンプを毎月

週刊少年ジャンプをたまに読んでいました。

作品自体は好きだったけど、

この件でその漫画もアニメも

見られなくなっちゃったな。

母親は構ってちゃんでしたが

子供よりも自分自分、という人で

余裕がなかったのでしょう。

気付きませんでした。

最初はね。

乱暴されて悦ぶ描写とかやめてほしいね

件の漫画のシーンは、確か

襲われた女性が徐々に快楽を覚える…

とかそんな内容だった気がします。

漫画の女性はダイナマイトバディの

大人な体。

私は発育もしていない、

成長途中の子供ボディ。

兄のスイッチは分かりませんが

ただただ、モンスターだなと。

そしてそのスイッチが入っている時

饒舌でよく笑うので

普段との差が激しく

別人なんじゃないかって思いました。

乱暴されて悦ぶ人なんていません、

ましてや実の兄に。

漫画を真に受けて、実行するのが子供ですし

そういう異常な人格者は子供の頃から

兆候が出ているハズだと

私は思います。