本当にあった毒親の話(28)純粋な願い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルが「虐待」になってました。訂正しました。

生きがいがない、基本的に暇

構ってちゃんな男ってイヤだけど

構ってちゃんな親は、もっと嫌ですね。

あなたの毒親も…そうですか?

毒親とモラハラはセットです。

そこにDVもセットになったり、

性的虐待とコンボになったりもしますけど

基本メニューにモラはあります。

まだ子供でしたし、

モラ親でも親だと思っていたので

本当の意味で口答えするのは

…もっとずっと後です。

言い返したり、やり返したりしていたら

もっと違っていたのかなとは思いますけど

もう後の祭りです。

毒親はなぜモラに走るのか考えてみましたけど

余力が沢山あるのが原因説

暇なんですよ。

趣味も仕事もないし

家事もしてないから

有り余ってるの体力が。

これを読んでいるあなたも、

もし子供がいたとして

ここまで干渉する余裕ありますか?

ないでしょう?

悪に染まった心は全てが攻撃に見える

今生きるだけでいっぱいいっぱいの時に

子供だけでなく、他者を蔑んだり

ましてや干渉する余裕なんてありませんね。

やらなくちゃいけないこと、

成し遂げたいことは沢山あって

常に選択を迫られている。

暇が人をダメにする、

の典型が毒親でしょう。

ゴシップや噂が大好きな

井戸端会議族も

立ち止まっている余裕があるのですからね

暇なんでしょうね。

あなたにねちねち小言を言う上司や姑、

マウントしてくる同僚や知人…

みんなみんな、暇なんですねぇ。

イヤミでもなんでもなく、

母の寂しさが埋まればいいと思って

伝えた一言でしたけど

恐らく母はそう受け取らなかったのでしょう。

常にいじめる理由を

探していますから…。

     

コメント

Comments are closed.