犯罪者予備軍コヤマダ9「妖怪いきり」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

素直じゃない大人って…嫌われるよね。

何か揉め事が起きたとき。

人に何かしてもらったとき。

飾り気のない、素直なふるまいが

一番心を動かすもので…。

でも、人には出来るかぎりやってもらって

自分は何もお返しすることはなく

それどころか─もっとクレクレ、

その上やってもらったことに

文句を言いだす妖怪が

世の中には多くないかい。

モラハラ男って、

自分が家事などを「して貰ってる

という状況が受け入れられず

このオレ様が家事をさせてる

という風に脳内変換するんだって。

つまりマウントだね。

ほんと…みみっちい、

人間の風上にも置けぬ奴らだよ。

人間だと思って接するとあまりにも辛い。

野良犬だって、

短く「めっ」って言ったら

尾っぽ下げてやめるだろうに。

意地悪をしてやろう」だなんて思ってなくて

ただ理性が働かなくて

盗み食いをしてしまうだけなんだから。

「めっ」には「きゅーん(ゴメンネ)」って

素直に反応できるんだよ。

でも、妖怪いきりは違うんだ。

言い返してやろう

この私に恥をかかせるなんて許さない」

こいつも同じくらい不快にさせてやろう

ネガティブなパワーが充満して

ほんと、醜い表情で憎まれ口をたたくんだよ。

自分と同じ人間だと思うと

イライラと悲しみが募るから

妖怪だと思って接することにする。

気味(君)の後ろに、黒い影!

     
error: Content is protected !!