ゲイとビアンの老後。オレ達3人の場合。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイ、レズビアンの老後について。自分達は。

子供が居ても居なくても

人生100年代の老後は未知すぎて

不安が大きいよね。

今は体の自由がきいても…

元気に働ける体があり、雇用があっても…

婚姻関係を結ばず、

パートナーがいても。

仲間がいても。

死ぬときは一人きり。

孤独死まっしぐら。

そんな風に思って

泣けてくる夜は、ないかい?

どうなるか分からないから

オレたちはルームシェアを始めたんだよ。

お金も大切。仲間はもっと大切。

将来のために、って貯蓄はもちろん大事だけど

生きていくだけで精いっぱいの時もあるよ。

余裕のある時期ばかりじゃない。

そう思わないかい?

定年前に事故や病気で死ぬことだって

可能性としてはある訳で…

どこまで節約して、どこまで備えておくべきなのか

こればかりは100%の答えなんてないよな。

残す相手がいないのなら尚更。

お灸をしあうような…

お茶を啜って語らうような…

そんな気の置けない仲間が…

あなたにもいるかい?

せんねん灸はAmazonでポチれるけど

生涯の友と呼べる人は

さくっと見つけられないものだよね。

チャイルドロックのボタンを

ぐーっと押して火をつけられることが

どんなに幸せか

オレは、今なら分かるよ。