生まれ変わったゲイの誓い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気付かなかったこと。追い求めていたもの。

数年前のあの事件で、

一度死んで生まれ変わったボッチ。

それまでは「あれが足りない」

「これが足りない」

「あの人がもっと○○だったら良いのに」

「あの時、ああしておけばなぁ」

なんて、不満ばかり言っていた。

君もそういうこと、言ってないかい?

自分以外の誰もが、

思うようにいかなくて

それが歯がゆくてイライラして…

手に入れても手に入れても

次々に愛情が枯渇する。

そんなことって、ないかい?

あらゆる「当たり前」が

当たり前じゃなくなってから

その大切さや自分の傲慢さに気付くなんて

本当に未熟だったな、って

今は思うんだよ。

通い妻じゃなくてお母さんになった日。

「もー、あんたたち」

なんてブツクサ言いながら

通い妻やってたあの時。

食事を作る相手がいて

おいしい時間を共有できる仲間が居て

おはよう、おやすみが言えるってことが

目が覚めて今日を迎えられることが

どんなに幸せなことなのか

生まれ変わったオレは、ようやく気付いた。

ぼろぼろ泣きながら

「この気持ちを忘れたくない」

「当たり前にしたくない」

そんな風に思った。

だから、基本的に家事は

ボッチかあさんが担当なんだよ。

ふっくらした布団を取りこんで

忙しいって言えるこの幸せを

誰が与えてくれるだろう。