コロナ禍でも恋愛したいゲイのあるある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍だって恋愛したい。出会いたい。どうすれば?

慎重派のボッチは、

コロナの少し前から出会いを求めて

オンラインで活動をしていたよ。

お付き合い未満の彼がいたり…

友達関係の彼がいたりと…

頑張ってきたけれど

コロナ襲来で一変。

気軽に顔合わせができなくなって

お茶も誘い辛い。

ましてや、お酒の席なんて

言語道断。

コロナ「だから」オンラインの

コミュニケーションを大事にしなきゃ、

と思ったボッチだけど…。

医療従事者が奮闘しているさなかでも

平気で接触しようとしてくる人の多さに

驚きを隠せなかった。

出会いたいけど「今」じゃない。

将来の伴侶になる人に、選べないよ。

そんな人は。

あなたも、そんな経験…ないかな?

コロナだから見えること、やばいヤツのあぶり出し。

これはゲイに限った話ではないみたい。

ビアンも、ノンケも…

色々な人が体験していることのようだよ。

コロナよりやばいのは

ああいう、身勝手で思考停止している人なのかもしれない。

政治家だって飲み会開いてるから…

緊急事態宣言が解除されたから…

ワクチンの接種が始まったから…

コロナ収束には時間がかかるから…

自分の欲望のために

色々な理由つけてくるけど

そこに、愛はあるのかい?

もっと落ち着いてからがいい。

ゆっくり仲良くしたい。

通話もしてみたい。

そんな相手の希望を無視して

「大丈夫だよ!」

って根拠のない価値観の押し付け

会わなくても話は出来るよ。

いくらでも方法はあるよ。

そんなに焦ってどこへ行くのさ…?

     

コメント

Comments are closed.