本当にあった毒親の話(57)触るなって!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今思い出してもムカムカしてくることのひとつ

あなたにも、一度くらい

経験があるのではないでしょうか。

ボディ―タッチ。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

世の中には色々な人がいますね。

たまたま相性の良いご両親、ご家族のもとに

生まれ…成人してからもずっと

「この家に生まれてよかった」

思える人の方が少数派で稀ですね。

でも、その幸福に気付けるのは

毒親育ちや確執のある方の人だったりして…

なかなか不思議ですね。

人によって「許せないこと」は

色々あると思うのですが

私の場合、ボディータッチですね。

性的虐待を受けてからだったと思うのですが

苦手を通り越して憎悪を覚えます。

特に肩。とんとん、と叩かれたり

つつかれたり…学生ノリのどつきとか…

全般が無理です。

それを母親にやられて

激怒してましたね…。

同性の親なら尻を触っても良いのか?

ミラ子母といえば躾ですね?↑

学習教材やらドリル、教科書や

子供銀行のお金などをぶちまけられたり

投げつけられたりしてましたね。

それが母のボディータッチでしたけど…。

躁状態の時には肩や尻を触ってきて

しつこかったのが本当に不快でした。

学生の頃居ませんでしたか?

胸や尻を触ってくる同級生の女の子…。

ああいうノリなのかな…

父親が娘にしたら大騒ぎなのに

母親が娘にやるのは良いのかな?

これもセクハラと同じで

された側がセクハラだ、

嫌だ不快だ気持ちが悪いと思えば

それは虐待でありセクハラだと思う。