本当にあった毒親の話(64)転居はお盆の時期に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不満の残る母だったが、結局。

引っ越し問題。色々ありますよね。

ボッチと一緒に住むにあたっても転居しましたし

ハピ子とも数回引っ越しをしています。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

ミラ子生誕は、里帰り出産だったので

祖父母の家にお世話になり

東京都の集合住宅へ。

それから、例の過疎地へ転居。

過疎地から父の単身赴任先に転居。

まだ話には出て来ませんが、

その後も引っ越しをするので…

ヤドカリ生活でしたねぇ。

引っ越しを重ねると荷物がどんどん

コンパクトになりますよね。

人間関係もそうかな?

出会いあれば、別れあり。

そんな風にして…

一家はとある夏のお盆時期に

引っ越しをすることになりました。

荷物を運びだした後、妹と一緒に。

ヒスってどうしようもない時間が8割の母。

2割の普通~躁状態の時に

引っ越しの日が当たりました。

妹の死を、この時には本人なりに

受け止められるようになっていたようで…。

兄は一足先に父と出発して

母の車に、私は妹と座って

新天地へ出向くことになりました。