本当にあった毒親の話(66)性的虐待が終わった日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の部屋という要塞

自分の部屋がない、というのが

悩みのお子さんも昔は多かったような。

今は一人っ子も増えたから

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

そういう悩みも「あるある」じゃ

ないかもしれません。

家庭によっては、親子で

川の字で眠るというパターンもあるらしく

それで両親のアレな姿を見てしまって

精神的ショックを受けたという話も

聞いたことがあるよ。

自立を促すという意味でも

子供の心身を守るという意味でも

自分の部屋はとても大切だと思います。

やる人はやるし

やらない人はやらない。

それが性犯罪です。

Gは出たけど兄は出なくなった

もうずっと単身赴任をしていた父のもとへ

家族で引っ越しをして

一番よかったことは、

自分の部屋が持てたことですね。

確か、兄の部屋は洋室で

私の部屋は和室でした。

古めかしい家でしたけど

部屋数はありましたね。

Gはよく出没しましたが

兄の部屋から私の部屋までは距離があったのもあり

この日以来「一緒に寝よう」

と言ってくることはなくなりました。