本当にあった毒親の話(72)実現したかった、夢。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母が本当に望んでいたこと。

いい大学に入っていい会社に就職して、

いい旦那さんと結婚していい家庭を築く。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

「あなたのため」と言って

あらゆる教育、習い事をさせた母。

子供の頃は分かりませんでしたけど

今考えてみれば、母はコンプレックスの

塊でしたね。

目の前の現実を、

今の自分を肯定できないから

過去に執着し

仮想の幸せを追い求め

他者を罵倒し

見下し続けるのでしょうね。

そんな人生、私はイヤだな。

子供より時間があっても「忙しい」

ネグレクトをし、

子供をいびるのが母の仕事でした。

子供よりも自由になる時間は

多かったハズですが、

常に疲れて不機嫌で…

でも、「学びたい」という気持ちは

ほんの少しあったようです。

同じ習い事を、

兄と母は辞めても良くて

私は続けなければならなかった。

その違いは、何だったのかな。

出来の悪さかな。私のおつむの。