ほんわか鍋パーチー3(完)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

■ゲイとビアンの鍋パーチー

…なんで鍋?

という経緯はコチラ

■リカちゃんとボッチ

きれいだけど不器用なリカちゃんと

きれいじゃないけど繊細な

二人の「ぼっち」のお話。


夢の取り分け系女子

お化粧や髪形、そしてマスクのおかげで

「ほどほどにきれい」な人が増えたよね。

個性的な容姿(そもそものつくり)という人が減って

量産型というか、同じような顔立ちの人が増えたような。

マスク美人、マスク美男問題もあるけど

言うほどあらら~な人はそこまでいないと思う。

で、驚くような美人や美男がいなくなったのでは。

昭和初期のスタァみたいな人が。

あまり容姿について書くとよろしくないから

詳細は省くけど

リカちゃんは「驚く系の」美人さん。

そこに加えて男嫌いで、女嫌いでもあるから

控えめに言って…

り難い。

これまでもそうだったんだろうな。

一般の人には分からない悩みも、

そりゃああっただろうね。

だからこそ…「取り分け系女子」に対する

憧れがあったのか…と考えると

感慨深いものがあるよね。

外はひんやり。心はぽかぽか。

緊張して(たのはオレとリカちゃんだけかも)

どうなるか…と危ぶまれた鍋パ―チーは

無事に幕を下ろして。

あっという間だったなぁと

しみじみ思うよ。

リカちゃんを皆で駅まで送って、

またねーって手を振りあったのが

昨日のことのよう。

夜勤のタイミングや、休みや…

諸々が4人ぴったり合うのは

なかなか貴重だから

パーリ―的なものは、

暫くできないかもしれないね。

年末年始、またどこかで…

4人集まって

またほっこり、したいね。

距離感がまだ分からないオレだけど…

終わり良ければ全て良し!

     

コメント

Comments are closed.

error: Content is protected !!