隠れ事故物件の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

大島てるはチェックすることに決めた

男と女、一つ屋根の下。

と言ってもオレたちはゲイとレズビアンで─

周りがどう言おうと、家族のように暮らしている。

今の集合住宅の前は

一戸建てに住んでいたのだけど

間取りが微妙だったから

新しく3人で住む物件を探すことにしたのだよね。

その時のことを、今日は話そうと思う。

今でこそ怪談通(?)で

大島てるさんを「良い声なぁ」と言って聴いているミラ子だけど

当時は「大島てる」事故物件サイトを

知ったばかりだったんだ。

怪談を聞き始めた頃だったから。

でも、あの日から…

どんな物件も大島てるを必ずチェックすることにしたのだった…。

線路から目につく物件、オートロックの無いマンション。

オートロックだって簡単に解除できてしまうし

ひょいと乗り越えられたり…

「形だけつけました」みたいな

簡易的なものもあるけど

あるのと無いのとでは、

ああいう場所に選ばれる確率が変わるらしい。

てるさんがポッドキャストで言っていたんだと。

件の物件だけど、家賃も相場だし

内見前に不動産屋さんに

「誰か亡くなっていませんか?」

と一応確認していたんだ。

でも…その部屋では亡くなっていないし

屋上から飛び降りがあっただけだから…

事故物件ではないのかもね。

サイトの情報が100%ではないし

自然死とか、老衰とか…そういったものを

含めると日本中事故物件だらけになってしまう。

でも、これだけ空室があるのだから

選択をする上で一つの大きな判断材料にはなると思ってる。

新築の物件でさえ、その土地の歴史を

調べてみたりしたし…

怪異には懐疑的なオレとハピ子も

物件選びにはそういったことも

慎重だった。

だから物件を決めるのに

すごく時間がかかったけど

あの時感じた違和感

無視しなくて良かったよ。

あなたは、どう…?

     

コメント

Comments are closed.

error: Content is protected !!