本当にあった毒親の話(38)たっくんとあーちゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親戚付き合いの僅かな記憶

親戚付き合い、ありますか?

同じ地域に住んでいて

今も行き来があるという人も

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

少なくないかもしれませんね。

母方の親戚に、

「たっくん」という従兄と

「あーちゃん」という従妹が居ました。

たっくんは、ミラ子兄と同い年。

あーちゃんは、ミラ子妹の二個下です。

夏のお祭りの時期に

母の姉(たっくんのお母さん)一家が

遊びに来た事がありました。

この時以来の交流で

これが親戚づきあいの最後の記憶なもので

鮮明に憶えています。

優しいお兄ちゃん。優しいお母さん。

母もこの時ばかりは

ヒスをやめて、たっくんのお母さんと

キッチンに立って料理をしていたようです。

内弁慶な母とは対照的に

母の姉はよく笑って優しい、

穏やかな人でした。

たっくんは祖父の農作業を手伝っていて

真っ黒に日焼けをしていたのが印象的でした。

射的でとったぬいぐるみを、

妹のあーちゃんに

「またとってやるから」と言って

親戚のミラ子にあげたのも

今思えば、気の利いた優しい男の子でしたね。

世の中には、そういうお家も

存在するのですよね。

     

コメント

Comments are closed.