本当にあった毒親の話(48)性的虐待だと確信したこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めて見る謎の液体

イヤな予感がしたものの

通学班で虐めてくるような兄ですから

逃げきることは出来ませんでした。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

これが性的虐待だった、と

確信したのは

もっとずっと後のこと。

性に関する知識をつけた時です。

だから、この時は意味が分かりませんでした。

兄は後始末をして寝ていましたけど

この液体が何なのか分からず

気味が悪いと思いました。

味をしめる兄と、罪悪感を抱える自分

いじめる以外は口をきかなかった兄ですが

この件以来、機嫌がよくなっていきます。

夜になると

二段ベッドの上段から降りて来て

パジャマを脱がす。

自分が悪いんじゃないのに、

なぜか罪悪感を感じ

おかしくなってしまった兄が

はやく治ればいいと願うようになりました。

頻度はよく覚えていませんが

かなりよくあった、と思います。

ぞっとしますけど、性的虐待について

あと数回覚えているエピソードを

更新します。

     

コメント

Comments are closed.