本当にあった毒親の話(41)年の差結婚が生んだもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若い嫁が欲しかったのかな

女房と畳は若い方がいいなんて

古い言葉ですけど、

あるみたいですね。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

大金持ちの社長さんや俳優さん、

地主さんとか…

そのへんの人達は

顔が良かったり、有名だったり

お金が腐るほどあって

若い女性が放っておきませんね。

ミラ子の両親は年の差夫婦でしたが

父は田舎の成金でした。

でも、東京では家を買えないくらいの

小金持ちでしょう。

田舎で言えば」裕福だったかもしれません。

父は男尊女卑なところが

ありました。

考え方も独特で、他人に頭を下げたり

謙虚な姿勢を見せることがない。

お金を稼ぐ能力があって

家族を養っていた訳ですから

尊敬すべき所はありました。

(時代の勢いもあったでしょう、

今とは違います)

でも、影では「おじいちゃん」扱い

されていたんですねぇ。

おじちゃんと、おじいさんの境界は曖昧

子供からすると、お兄さん~おじさんと

おじさん~おじいちゃんの境界って

曖昧ですよね。

20歳超えた人達の境界はないでしょう、

他人にそれほど興味がないから。

でも、年の差夫婦の親戚づきあいや

地域行事の集まり、PTA、子供の親との

付き合いや、習い事やなんやかやで

少し驚かれることはあるでしょうね。

それから、夫婦のジェネレーションギャップもきっとある。

最終的には人間性や、問題が起ったときの

解決能力歩み寄り方によるところが

大きいのでしょうけど

年齢を重ねれば重ねるほど

考え方が頑固になって(指摘してくれる人もいないから)

譲ろうとしなくなりますよねぇ。

このあたりのことが、

後々…ミラ子の家出事件に大きく影響してきます。

壮大な前フリですから…

覚えておいてくださいませ。