犯罪者予備軍コヤマダ10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

出来ないキャラの人は得をする

鬱など、メンタル系の病にかかってしまう人は

「自分はどうしてダメなんだろう」

とか、

「人に迷惑をかけてばかりで、

申し訳ないな」

「自分の居場所なんてどこにもない…」

などと、自分の心の中で自分を責め続けて

理想の(自分が勝手に決めた)自分像と

現実との差異に耐えられなくなってしまう人が多いよね。

言い換えれば「人に優しく、自分に厳しい」人。

だから…↑こんな風な、厚顔無恥で

自分のことしか考えない

「出来ないキャラ」の人とは

全然違う。

開き直るをとっくに通り過ぎて…

私が困っていたら、周りが自分を助けるのは

当たり前」になっちゃっている。

自分がかけた迷惑は即忘れ、

人から受けた恩も3秒経たずに忘れる。

人から時間を奪い、善意を奪い…

食べ物や愉しみを奪い…

平然としていられるんだ。

で、結局仕事や義務を

私はできないので」と

やらないで済ますのである。

憎たらしい…本当に恨めしい。

誰にだって得手不得手があるけれど

コヤマダみたいな人は…

「申し訳ない」という気持ちが1ミリもないし

謝罪だって、促されるまでしない(大人だよ?)

そればかりか、言い訳や憎まれ口を叩いて

更に状況を悪化させるんだ。

↑共同生活においても…

パートナーという関係に胡坐をかいたり…

雇用関係に胡坐をかいたり…

だから、平気で人を欺き、出し抜き、

自分の利益だけを追求する人が…

この世界にはいるいる。

実際に、こういう人に遭遇すると…

憎らしい…しかないんだけど。

時間は有限だから誰かが肩代わりすることになり

コヤマダはずーっと、一人だけ…

楽できるという負のループから抜け出さないでいる…。

あなたの周りにも…?

     

コメント

Comments are closed.

error: Content is protected !!