本当にあった毒親の話(10)地獄への道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

庭の室外機の下には、地獄への道がある

本当にそんな風に思っていたものだから

母に「出ていけ」とか「目障り」と言われて

幼い私は、地獄への穴を掘ったのでした。

視界に映るだけで、腹が立ったのでしょうね。

憎くて、可愛くなかったんだろうなと思います。

そういう気持ちは、子供には伝わるもので

「自分は生きていてはいけない」

「地獄に行かなきゃいけない」

というような考えに支配されていましたね。

自営業でしたけど、自分が現地に赴いて

営業なり対応なりする人だった父は

家には殆どいませんでした。

気が狂った母を避けているようにも

見えましたけどね。

たまにしか顔を見せない父は

娘の目には優しく見え

母にいびられていると、

後でフォローしてくれることもありました。

フォローするだけで、守ってくれる訳ではない

「やめないか」とか「言い過ぎだ」

とか、母を直接注意することはなくて

私がいびられた後に

家に連れ帰ったり

お小遣いをくれたり、というフォローでしたね。

子供だったから、母を止めないことに

疑問や不満を持つ余裕はなくて

(ひたすらに怯えていたからね)

お父さんは優しいな、と思っていました。

後で話に出てきますけど

兄に虐げられ

母にいびられていたのだから

私の味方は父しかいなかったのです。

本当は、その父すら味方ではないのだけど

それを知るのは、もっとずっと先の話です。

言わなくていいことは言うのに

言わなければいけないことは

お互いに言い合わない

不自然な夫婦関係は、

この頃には始まっていたのでしょうね。