本当にあった毒親の話(59)小学生、婦人科受診。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婦人科の存在すら知らなかったあの日。

医者の問診では、

何と伝えて病院にかかったのかね。

謎は深まります。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

読んでいてしんどくありませんか?

どうか無理をなさらずに…。

性的虐待が身体に及ぼした影響。

記憶にあるだけでも

これだけの事がございましたから…

このような思いをする人が増えないことを願って止みません。

この件だけでも、母は兄妹間に何があったのか

把握していたはずなのですがねぇ。

女医さんに緊張が走っていたのを覚えてる

この婦人科受診の日の記憶は

灰色の絵の具で塗りつぶされたようになっていて

より詳細なことは、これ以上思い出すことが出来ませんでした。

1、2話ではまとめられませんね。

時系列にすると尚のこと。

昔の365からのお付き合いの読者様は

なんとなーくピンと来ているかもしれませんが

ご新規さまはそろそろ…

頭の中がごちゃごちゃ混乱されているかもしれません。

この日。

私はもちろん混乱していましたし

母も、女医さんも…看護師さんも

全員緊張していました。

10代の妊娠が増えているとはいえね…

妊娠可能な年齢ではありませんでしたから

何事かと思ったでしょう…。

     

コメント

Comments are closed.