本当にあった毒親の話(55)性虐待による身体の変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繰り返される性的虐待と、カラダ。

男の人の性欲のまま猛進する様は

もの凄いですよね。

女性にも性欲魔人はいますが

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

男性のそれとは全然違う。

性欲自体が限りなく0に近い人もいますし

そういった行為に嫌悪感を抱く男性も居ますが

性的なことに暴走おぞしてしまう

理性のない人は…

おぞましいですね。

この記事を読んでいらっしゃる方の中にも

誰にも言えなかったり

言っても信じて貰えなかったり

「誘ったのではないか」などと

因縁をつけられたりして

自身が性的虐待、性的暴力を受けたことを

ひっそりと記憶の隅に置いている方も

少なくないのではないかなと思います。

消化器官が動くのを妊娠だと思い絶望する

この頃には、兄にされた行為が

性的なものだと気付いていたのでしょうね。

それによって、どくどくと脈打つ臓器の感触を

赤ん坊の心拍だと勘違いしました。

まだ月経も来ていなかったと記憶していますから

そんなハズはないのに。

知識がないし、今みたいに検索バーで気軽に

調べることも出来ませんから

その「兄との子供」が徐々にお腹で

育っていくことに震えていました。

     

コメント

Comments are closed.