本当にあった毒親の話(110)彼女を連れてくると…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

■前回のお話

マサが母に電話を盗み聞きされたエピソードでした。


◆この漫画の概要を最初から読む


他に気にすることは沢山あるでしょうに

父の会社の跡取り(予定)で

自慢の長男・マサ。

母の片想いは続きます。

元来が僻みっぽく、ミラ子の友人をこきおろすのは

昔からでしたけど

経済的なことや育ちに関して

特に顔を赤くして噛みついていたように

思います。

兄と仲良くしていた女の子などは…

どんなことも噛みつく種に

していましたね。

問題は子供のことや、

子供の周りの環境ではなく

もっと根本的なところに

あると思いますが…。

相手を意図的に傷つけたい人

モラハラする人の中には、

外面が非常に良い人がいますが

ミラ子の毒母は頭がよくないので

そういった計算は働かなかったようです。

自分がどう見られるか、よりも

相手をどうにかして傷つけたい

不快な思いをさせたいという気持ちが

大きくなっていたのでしょうね。

     

コメント

Comments are closed.

error: Content is protected !!