ゲイがレズビアンと暮らすようになった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイとレズビアンカップル、ルームシェアをする。

レズビアン4コマ漫画、というタイトルだった時代。

今から三年ほど前になるけれど

ゲイのボッチと、レズビアンのハピ子ミラ子は

別々に暮らしていたんだよ。

先天性のボッチ母さんは

通い妻のようにせっせとハピ子ミラ子の家に

よく遊びに来ては、ご飯を作っていたのだが

ある日転機が訪れる。

あなたは、空を飛んだことがあるかい…?

スローモーションになるというのは

本当のことだと思わないかい?

飛んでいる自分を

俯瞰で見ている自分が居て

状況がよく、分からなくならないかい…?

誰にだって、その瞬間は

訪れる可能性があるんだよ…。

交通事故という身近な恐怖

オレの場合、家族仲は良いとは言えなかった。

サイアクと言ってもいいかもね…。

だからゲイになった訳じゃないけれど

家族という存在を信じてはいなかったし

恋人もなかなか出来ずに

年齢だけ重ねて…あの年になった。

何のイタズラだろう?

この、空を飛んだ日が

ゲイとビアンのお気楽パラダイス始動に至る

序章だったのかもしれないね。

この日を境に、オレたちの生活は一変する。

それは渇望していた家族をつくる

第一歩だった…とオレは思う。

つづく

     

コメント

Comments are closed.