本当にあった毒親の話ネタバレ⑤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長年の単身赴任から一家引っ越しへ。

ミラ子の毒親漫画、ネタバレを公開しています。

次女の死去をきっかけに

歪み、壊れていくミラ山家。

逃げ癖のある父は、ヒステリーを起こす

母から逃れるために単身赴任となりましたが

マサ(長男)のミラ子への性的虐待を機に

一家は引っ越しをし、

共に暮らすことになりました。

お父さん子だったミラ子と

ええかっこしいの父は

引っ越し派でしたが

マサと母は地元に残っていたかった。

次女が眠るお墓を残し、

お盆に引っ越しをした一家。

ミラ子はこの引っ越しで家族再構築を

願っていました。

引っ越し先はすこし都市部だったので

生活は便利になったけれども

新たな環境は大人と子供、双方に

多大な影響を与えることになります。

ミラ子の部屋とマサの部屋が別れたことで

性的虐待が終わりますが

父の不倫疑惑が首をもたげ

夫婦仲は依然にも増して

険悪になっていき…

母のミラ子への当たりも強く激しく

より陰湿になっていくのです。


↓続きのネタバレはコチラ↓

本当にあった毒親の話ネタバレ6

本当にあった毒親の話ネタバレ7


↓過去のネタバレはコチラ↓

     
error: Content is protected !!